ニコニコ動画にて実況プレイ活動の予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生放送配信方法【映像編①】

生放送の配信方法について聞きたいと云う方が結構多いみたいなので、こちらで紹介してみたいと思います。

まず映像の出力に関してですが、放送するモノがどういったものなのかというところで違ってきます。

①顔出し放送
②PCゲーム実況
③実機ゲーム実況

それぞれ必要な機材・ソフトが変わってきます。

①に関しては、お店でウェブカメラを購入して取り付けるだけで簡単に出力が出来ると思います。


問題は②と③ですが、どちらの場合も「仮想ウェブカメラ」というものが必要になってきます。
仮想ウェブカメラというのは、PCの画面を取り込むカメラのようなモノと考えて下さい。

初心者にオススメなのは「SCFH DSF」というソフトです。
このソフトは比較的軽い動作で、設定次第で画質はよく見えます。しかしコマ数はよくありません。

まず、生放送の枠を取るまで進めます。
枠を取って放送画面に移行すると、カメラやマイクの接続を許可するかが尋ねられる場合がありますが、
これを許可しないと映像は映りません。

そして放送画面に移行している状態でSCFHを起動すると下の画像のような画面が出ます。
SCFH

ニコ生放送画面を表示しているブラウザがInternet Explorerの場合はiexplore.exeを選択して下さい。

選択が終了するとSCFHのメニュー画面が開きます。
scfhなか
基本的には「Drag here.」と書いてある部分をドラッグ&ドロップしてカメラに映したい部分に当てるだけです。
小さい画像などを放送画面一杯に使いたい場合はオプションで「アスペクト比維持/拡大」にチェックを入れると良いでしょう。

そこまで設定が終わったら生放送画面をもう一度確認して下さい。

ニコ生放送画面 開始

一番左の画面に映っている映像がSCFHに取り込まれている映像のプレビューです。
映像を配信する にチェックが付いているかを確認します。
映像機器が「SCFH DSF」になっているかを確認します。

確認が終了してから「配信開始」のボタンを押せば生放送に映像の出力をすることが可能になると思います。

コマ数や音質などは生放送画面を見て各々で判断してください。

③の配信方法に関してはまた後日。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
あなたは
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。