ニコニコ動画にて実況プレイ活動の予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生放送配信方法【ManyCam併用編】①

SCFHを使ってるんだけど、低画質にしないとカクカクなんですが?
と、思っている方も多いはず。
そういった方には 「Many Cam」 というウェブカメラとの併用をオススメします。
このMany camというソフト単体でも放送することが出来ますが、
SCFHと併用することで安定したコマ数を取得する事が出来ます。

まずMany camをインストールします。
英語が解らない、という方はとりあえず全部OKやNEXTを選択して下さい。
最後にオプションをインストールするかどうかを尋ねてきますが、余計なファイルが増えてしまうので、
本当に必要だと思う人だけインストールしましょう。

次にmany camを起動します。
中央に映っているのがメニカムで取得している映像です。
映像の右下にメニカムのロゴが入っているので、まず始めにそれを除去します。
Effectsタブの  text over video という部分をクリックします。
そして下の画像の場所のチェックを外すことで、映像中のロゴを消す事が出来ます。

メニカムトップ

日本語化パッチを当てていない場合、全て英語表記されていますが、基本的には気にしなくても大丈夫です。

次にSourcesのタブをクリックします。
camerasというカテゴリに、現在インストールされているカメラ・仮想ウェブカメラが表示されていると思います。
私の場合は仮想ウェブカメラの「SCFH DSF」と ウェブカメラの「USB ビデオデバイス」が表示されています。
メニカムカメラ選択

SCFHを選択すれば、SCFHの映像をmanycamに取り込むことが出来ます。
また、SCFHはmany camを起動した後に起動してください。
でないとSCFHのプロセス選択画面にmany camが出てこなくなります。
プロセス

プロセスにManyCam.exeを選択し、あとはSCFH単体を動かすつもりでSCFHを操作するだけです。
回線やスペックに余裕がある方はmany camのカメラ設定の「画質を優先する」の部分にチェックを入れましょう。
SCFHの高画質モードと併用すれば、それなりにクリアでコマ数も安定した映像を配信出来ると思います。

映像を取得しているのはmany camなので、ニコ生放送画面で「SCFH DSF」を選択しても何も映りません。
放送画面のカメラ設定がMany Camになっている事を確認しましょう。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
あなたは
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。